HOME>注目記事>漢方の知識を思う存分知ることができる安心感
薬局

老いないための相談窓口

健康体であり続けたい、老いない人は何を食べているのか、大阪の漢方薬局にその答えがあります。病院系列であれば、医師からの処方箋で医薬品を患者に提供します。今や、ジェネリック医薬品や漢方薬の安心・安全・低価格が患者からは求められています。漢方薬局の特徴は、こうした病理的、生理的現象のどちらにも太刀打ちできることです。大阪の漢方薬局には高齢者が足繁く通っています。加齢に伴う様々な環境因子や遺伝因子によって、高血圧や糖尿病、骨粗鬆症など、老化による疾患が併発しやすくなる懸念が高齢者にはあるようです。消化管や腸などの機能低下や変化が見られる高齢者、老化から逃れることはできなくとも、漢方薬局は「抗加齢」という考えで携わってくれるのが特徴です。負担をかけない、機能向上のための漢方薬入りの粥やスープなど、健康食品を監修しています。

病院との提携で色んなサービスを行う

漢方薬局には、必ず薬剤師が籍をおきます。医療部外品であっても服薬指導、健康・美容関連の情報提供も必要だからですが、大阪には漢方薬専門のアドバイザーが携わっています。人が本来持つ自然治癒力、それを高める対処法いわゆる体質改善を意図しています。病院の近くにある漢方薬局、健康診断に利用されていれば、生活習慣病の相談窓口にもなり代わります。医薬品を使うまではない、こうした病気の予防を図る患者を漢方薬局で担当する仕組みも成り立っています。また、食のスタイルやライフスタイルを理解し、可能なものは取り入れさせる、これが漢方薬局が行うサービスです。医薬品は高額、しかし自然由来の漢方薬は安価です。なおかつ、馴染み深い生薬も使われていて、副作用さえありません。乳幼児から妊婦、高齢者も負担なく食やライフスタイルに入れ込むことができます。症状別の漢方レシピ、漢方ブレンド茶、そうした健康食や美食を提供したり、提案する薬局としてのサービスもあります。